兵庫発 

全国同時アクション パート春闘キャラバン 最賃を今すぐ時給1,000 円に!

兵庫県パート・ユニオンネットワーク


 「2015 年パート春闘キャラバン」が2 月28 日、約80 人が参加して神戸市内で行われた。同キャラバンは、自治労県本部臨時評とひょうごユニオン、各地域ユニオンでつくる兵庫県パート・ユニオンネットワークが毎年、春闘期に取り組んでいる行動で、今年はコミュニティ・ユニオン全国ネットワークによる「ユニオン全国同時アクション」の一環として行われた。アクションは「「最賃、いますぐ時給1000 円!生活できる賃金」をスローガンに掲げ、「最賃の引き上げ」をアピールした。行動では「最賃の時給はいくらにすべきか」と、通行人にシール投票を呼びかけた。


 午後1 時30 分から神戸市中央区の花時計で始まったミニ集会には、スローガンを大書した横断幕、各労働組合ののぼりや手づくりのメッセージボード、さらに参加者の胸と背中にはゼッケンと、色とりどりの小道具がにぎやかに集まった。そのなか、前段の行動として午前中に取り組まれた尼崎、三ノ宮、明石、姫路の4 か所のターミナルでの行動がそれぞれ報告され、気勢をあげた。 

  その後、三宮の街中を元町までデモ行進、途中、「パートにも生活できる賃金を!」「最低賃金を引き上げろ!」「官製ワーキングプアをなくせ!」などのシュプレヒコールが元気に響いた。

 JR 元町駅前で、マイクやビラなどで呼びかけながら、「最賃時給はいくらにすべきか」をシール投票の形で通行人に示してもらった。

  一時間近くの行動で、600 人近くがシール投票に応じてくれたが、最も多かった回答は時給一千円。全体の7~8 割が一千円以上のゾーンだった。ただ、自分の時給をあまりよく知っていない人も多く、一千円の時給で一日8 時間、日本の平均的な年間労働時間である2 千時間を働いても年収はかろうじて200 万円、月収にして17 万円弱だと知って驚く人もいた。だが、「現行の最低賃金(兵庫県776 円)は低すぎる」が、圧倒的多くの人が持つ感想だ。

 この日の全国同時にアクションは、と栃木、東京、神奈川、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、福岡の10 都道府県で取り組まれた。